トップページ乾燥肌 > なぜ30代になってから乾燥肌に変わってしまう場合があるのか?

なぜ30代になってから乾燥肌に変わってしまう場合があるのか?

空気が乾燥する秋から冬になると乾燥肌の方は毎年お肌のケアで悩んでいらっしゃることでしょう。子どもの頃は特に乾燥肌だとは思ったことが無かったのに、なぜ大人になってから乾燥肌に変わってしまう場合があるのか?

もともと乾燥肌じゃなかったのが乾燥肌に変わってしまう原因はひとつではありません。日々の洗顔方法が間違っていたり、洗顔後の保湿ケアに問題があることもあります。 また、部屋の空気が乾燥していたり、水分の不足や食事による栄養が足りないこともありますし、お肌の天敵である「紫外線」によるダメージで乾燥肌になる方もいらっしゃいます。

乾燥肌のスキンケアとして重要になってくるのは、肌バリアを壊してしまうような洗浄力が強すぎる洗顔料を避けること。そしてお肌本来の力を引き出してくれる化粧水や美容液を使って保湿ケアを行うことです。


洗顔の際、汚れを落とそうと洗いすぎていませんか?
必要な脂分まで洗い流すと乾燥肌に繋がります。

洗顔後に油分の多いクリームを直接つけることもいけません。クリームをつける前に化粧水で水分を閉じ込めないと意味がありませんね。
また、時期的に乾燥する季節はお部屋の湿度にも気を配らなくてはいけません。冬だからといって油断して日焼け止めを塗らないのも、紫外線のダメージを受けてしまいます。

加齢による部分は避けられないところではあります。肌を守るコラーゲンやヒアルロン酸なども減少していきますし、水分を蓄える力が弱くなってしまいます。

そこを補うには日々の食事はとても大切なところです。乾燥肌にならないための栄養をしっかり摂らないと、症状は進む一方です。

他にもタバコやストレス、冷え性などによる新陳代謝の低下は乾燥肌の原因のひとつです。なぜなのかをきちんと把握すれば、自ずとするべき対策は見えてきます。 自分に足りないものは何か、今一度見つめなおしてみましょう。きっと改善できる点があるはずです。

薔薇の香りでうっとり
コスメ123 | 運営者情報 |  サイトマップ | 

Copyright © 2010-2014 コスメ123 All Rights Reserved.
※当サイト内での評価については個人の感想であり、全ての方に必ずしも当てはまるものではありませんのでご了承願います。
当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。