トップページ > アルブチン

美白成分「アルブチン」の働き

美白化粧品の成分表示をみると、ほとんどの製品に含まれる成分が「アルブチン」です。 「アルブチン」は桃や梨に含まれる成分です。

この「アルブチン」は体内でメラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素が活発に作用しないようにする働きがあります。 白く透き通るような肌を実現するためのひとつの方法としてメラニン色素を過剰に作らないための対策が必要になってきます。

そもそもメラニンはなぜ存在する?

メラニン色素は皮膚や髪の色が決まる素であり、美容野分野だけで考えているとシミやソバカスを作る悪者というイメージがありますね。 しかし、メラニン色素は降りそそぐ太陽からの紫外線から体内を守るという大事な役割があるのです。

もしも、人の体にメラニン色素が存在しなかったなら、人はみんな白髪になってしまうでしょうし、肌の色もとても白く見えるのでしょう。 しかし、メラニン色素がないと、ちょっと日光の下にいただけで皮膚はみずぶくれになり炎症を起こしてしまうのです。

また、紫外線が体内の奥深くまで入り込むと細胞組織を破壊してがんを発生させる原因にもなるのです。 人が紫外線を浴びると体内では紫外線を阻止するためにメラニン色素を作る作業が活発になります。 その過程で作られたメラニン色素は紫外線を吸収して黒く変色していくのです。

健康な皮膚でターンオーバーがしっかりとしていれば、このできてしまったメラニン色素は自然に排出されていきます。 そのターンオーバーがとどこおることでシミやソバカスといった形で残ってしまうのが厄介なところですね。

薔薇の香りでうっとり
コスメ123 | 運営者情報 |  サイトマップ | 

Copyright © 2010-2016 コスメ123 All Rights Reserved.
※当サイト内での評価については個人の感想であり、全ての方に必ずしも当てはまるものではありませんのでご了承願います。
当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。